透明なインビザラインだから誰にもバレない

歯科医院で歯を白く

安心して治療を受けられる

女の人

歯を白くする方法として、ホワイトニング治療というものがあります。大船でホワイトニングをする方法には、歯科医院で行ってもらう方法、自宅で自分で行う方法などがあり、自分に合った方法を選ぶのが良いと言えます。歯が白くなってきたことをすぐに実感することができるのは、やはり大船の歯科医院でホワイトニングを行ってもらう方法です。自分で行うようであれば、やはりその分手間がかかってしまううえに、歯が白くなるまでに時間もかかります。手慣れたお医者さんにしてもらえば、治療もスムーズに進みますし、比較的早い段階で白くて明るい歯になることができるでしょう。大船のホワイトニング治療に関しては保険を適用することができないので、治療費を全額負担することになるものの、手軽さなどを考えればやはり、歯科医院で行うのが良いと言えるでしょう。大船の歯科医院では、あらかじめきちんとカウンセリングをしてもらえるので、詳しい治療方法を聞くことができるうえに自分の希望なども聞いてもらえます。よって、不安に思うことや疑問などがあれば事前に解消することができ、安心して治療を受けることができます。カウンセリングの際に大切なのは、担当医が治療による注意点を明確に伝えてくれるかどうかです。利点ばかりを伝えて費用のかかる治療方法をさせようとするのではなく、患者の状況に合わせた治療を行なってくれる担当医の在籍するクリニックを見つけることが大切なのです。

治療前と治療後の注意点

レディ

鎌倉市大船にも多くの歯科が展開しており、特に大船駅近辺に集中しているため通いやすくなっています。大船ではホワイトニングに力を入れている歯科も多いので、自身の歯を白く美しくしたい方は利用してみると良いでしょう。歯科で行われるホワイトニング治療は、専用の薬液を歯に塗布し、光を当てて白くしていきます。この治療で色素沈着の原因となっているエナメル質内の有機成分を分解することができます。もともとエナメル質は無機質で構成されているため、ホワイトニングを行っても強度に関わる心配などはいりません。ただ、虫歯や汚れがある場合はしっかりと治療、除去してから行うことが求められます。ムラのない十分な効果を得るためには、歯の表面を正常な状態にしておかなければなりません。また、ホワイトニングを施した後しばらくは歯に色素が沈着しやすい状態になっているため、治療後は食事内容に気をつける必要があります。茶系の食べ物やコーヒー、赤ワインなど色の濃いものは控え、喫煙の習慣があるならタバコもやめておきましょう。白米などの色が薄いものなら問題ないので、事前に豆腐やヨーグルトを用意しておくと良いでしょう。お酒ならば白ワインなどは口に入れても問題ありません。落ち着くまで2日間ほど気をつければその後は通常の食事ができるようになります。大船でホワイトニングを受ける際にも、医師からも注意事項が説明されるので、確かな白さを手にするためにもそれに従うことが大切です。

自信を持って笑顔が作れる

歯

人と会う時に歯の綺麗な人は清潔感があり、第一印象もよくなります。だからこそ、ホワイトニングなどできれいな歯を保つことが大切です。ホワイトニングとは、簡単に言うと歯に付着したステインなどの汚れを取り除くことです。大船の歯科クリニックなどでも、対応してくれるところがあるので相談してみるのもいいでしょう。ステインの種類には2種類あり、外面的なステインは歯の表面などに付着しているので比較的簡単に落とすことが可能です。でも長期的にこびりついた外面的ステインや内面的なステインは、歯科クリニックなどでおこなってもらう必要があります。歯科クリニックなどで行われるホワイトニングは、過酸化尿素や過酸化水素を含むホワイトニング剤を使用しておこないます。これら2種類の成分は、歯面に付着したステインなどを分解して無色透明にするため、エナメル質をもとの状態に戻すことが可能です。またこれら2種類の成分には、エナメル質の形状を角ばったものから球状のものに変化させる働きがあります。この変化によりエナメル質にあたった光が象牙質まで届く前に反射することで、歯の色を白く見せるのです。ホワイトニングは、通常通りの生活をしていれば次第に効果が無くなってくるので、定期的に歯科クリニックで治療することが必要です。持続期間は、概ね半年から1年程度を目安に考えておくとよいでしょう。大船の歯科クリニックでもホワイトニングを施す人は増加傾向にあります。大船の歯科クリニックには、短期間でリーズナブルに治療してくれるところもあり便利です。人に好印象を与えるホワイトニングは、大船だけでなく全国的に人気の歯科治療だといえるでしょう。